日本人の正しいヨーグルトの食べ方とは? NHK「ガッテン」が提案

ヨーグルトはからだに良いという都市伝説があります。

もちろん悪くはないのですが、

食べ方を間違うとちっとも効果がない!という衝撃
の例がNHKの人気番組で取り上げられました。

結果的に、ヨーグルトにバナナやキウイなどの水溶性
食物繊維を含む食材を混ぜて飲む、のが正しい飲み方
だという訳です。

というのも、

ヨーグルトには、例えばビフィズス菌が入っていると
腸まで、届いて腸内細菌を増やすのですが、
それは一時的だということです。

番組では10年間、ビフィズス菌ヨーグルトを飲み続
づけている女性が最近不調が続くので、専門医の診断
を受けてみると、

なんと普通の人で8%ぐらいある腸内のビフィズス菌
が2%しかなかったのでした。

そこで、バナナやキウイを混ぜてしばらく食する生活
を続けると、4%台まで回復しました。

理由はこうです!

腸内細菌には、従来より住み着いた先住民族がいて、
あとから食べ始めたヨーグルトの菌は定着することが
できない、ということでした。

日本人には日本人特有の腸内環境を維持する腸内細菌
がいて、海藻などの食物繊維を好んで食べるのだとか

日本人の90%は海藻を分解できるが、西洋人は3%
しか出来ない。

つまり、日本人には日本食が必要!という事

なので、ヨーグルトなどを食べるのであれば・・・・

そう!

水溶性の食物繊維を混ぜて取らないと、役立たず!
ということになります。

京都の丹後地方には100歳を超える長寿者が多いの
ですが、この訳がここにあった、ということです。

そうと分かれば、

今日から水溶性食物繊維を含む日本食を食べるように
心がけていきましょう!









この記事へのコメント